本文へ移動

コンベヤ事業部

デザインレイアウト・ライン製造

トップクラスの最新技術

日本テイラーは、既設ラインの改造から新工場ラインの建設まで、様々なパッケージングの最新コンベヤープラントを製作、据付、試運転を致します。
生産ラインに課せられた製品の多様化は、まず容器がガラスビンでありPETボトルであり缶であるという、過去に例を見ないものがデザインされる様になりました。又ラインの速度も高速化され、型替に対する容易さやスピードが問題となります。
 

近代コンベヤの追求

  1. ドライコンベヤーとしての技術の進歩
  2. クリーニングの容易な構造及びその自動化の開発
  3. 型替の自動化の開発
  4. 稼動率アップのレイアウトおよびアキュームのあり方
  5. 製品用検査機器の開発にともなうコンベヤのあり方
  6. 24時間(3シフト)運転を基準とした技術

多様化する容器に対応する

しかもコンベヤの機能を高める為に使用されるチェーンベルト類の開発が、
めざましい進歩をもってドライコンベヤ化に貢献しています。
従来のステンレススチール材のチェーンから、プラスチック成形のベルト類が多様化し、
製品であるグラスボトル、缶、またPETボトルのハンドリングも一段と容易なものになりました。
上記に示した1から6の項目をバランス良く満たし、経済的なコストで可動率を上げられる
コンベヤ技術のノウハウをもってお客様のニーズに必ずお答えできると信じております。

実施例

飲料会社

食品会社

製薬会社

コンベヤーの修理・改造工事+NGチェーン化
(こんな仕事がどんどん増えてきました)
例:その1
  • コカコーラのある工場
  • PETのの600BPMライン(45000mのNGチェーンに入れかえ)
  • 内容(コンベヤーフレーム、レール、ガイド、リターンローラ)の点検・修理

2008年9月13日~17日  一期工事
2008年10月17日18日   二期工事の改修報告を致します。
2008年8月27日に提出しました改修計画書を添付します。
 
パストライザー出口コンベヤレール6×42を6×40に交換
中間フレーム、単列ラップフレーム6×42を6×40に変換
チェインピッチ85の為42幅を使用するとレール幅が43mm
になり、チェインローラー幅42.1で余裕がない為、40を
使用してレール幅を45mmとする。
パストライザー出口上段PHレール6×42から6×40に交換。
チェインピッチ85mmレール幅42mmを使用するとチェインレール幅85-42=43mmとなる。
チェインのロール幅が42.1mm機械加工でないため、チェインが通らない(固い)ところが出来る。
パストライザー出口下段
今回のレール交換ヶ所 M90A,B M26A,B M43A M45A M50A,B
パストライザーから集合部まで、カーブレターンレール入口部に案内ガイドが付いていない。
集合以降は全てついている。
レターン入口案内ローラー取り付け、古いローラーを入口部に移動、新しいグリーンのローラーを取り付け(ローラー径が異なる為)
施工前
施工後
取り付け後のチェインを張る前
チェインを張り、完了したところ

カーブレターンレールチェック

  1. レール幅のチェック、サイドレールんいついては特に狭いところ無し
  2. チェイン張替え時チェインの動きがスムーズでない所があったので、全体構造、寸法を調べたところ上と下のレールの寸法が4mmのところがあり、4mmのものを4.5mmに改造した。このことによってチェインの動きが軽くなった。底レールの取り付け穴を大きくして底レールを下げる作業をしました。
 
底板レールは一枚ものではなく、各列一本ごとにすべき。
チェインを張ることも、チェックもできない。
レターンレール状態チェック。カーブコンベヤ全数。
底板とサイドレールの隙間がない(チェインとレールの隙間が0)為、底板が異常にこすられている。
設計又は施工ミス
駆動スプロケット部にグラビティが短い為、チェインがスプロケットから離れるときチェインの揺れが他の部分で出る。
グラビティを長くすると、チェインの自重でホイルから離れやすくなり、チェインの揺れもここで吸収できる。
 

多列部デスクプレート取り付けについて

チェインスピードが各列異なるときは、チェインが隣のチェインと干渉するコンベヤメーカーの常識で、設計の手抜きである。(下記写真は施工前)
取り付け前
単列部ラップフレーム全数取り付け
ディスクプレート取り付け後(本来の構造)
集合部レターンロール回転していない。
ローラー径40から60に取替え、ディスクプレート取り付け
集合部A,Bライン各2本交換。
交換後の写真
 
自然集合部ガイド位置不良
ボトルがスプロケットんお上を通る。
スプロケット部はチェインが上下に動く。チェインは屈曲運動をする為、ボトルが踊って倒れる。
長年始めからこの状態のガイドレールであった。
歯数12-1/2で3mm上下。

A,B ライン共

改修前
改修後
汚れが酷い。バクテリアの巣。ドライ運転タイプはドレンパン不要。
NGチェインを張った集合部。

コンベヤ事業部へのお問い合わせはこちらから

2020年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日本テイラー株式会社
〒561-0894
大阪府豊中市勝部1-9-30
TEL.06-6858-5585
FAX.06-6855-2697

1.コンベヤ事業部
2.輸入機器事業部
3.産業機器事業部


TOPへ戻る